「RTX」カテゴリーアーカイブ

[RTX]ios,android 機器のプッシュ通知を安定させる

概要

Wi-Fi環境配下にある iphone , Android 機器におけるプッシュ通知が不安定または未通知となる場合の対策

対応

プッシュ通知で使用されるポートのNATタイマーを延長させる。

プロパティ

RTX1100 , ios10.2

解決しましたら、いいね か ツイート をお願いします

[RTX]フレッツ網内のスピードテストを行なう

計測はipv6

プロバイダーが遅いのか,フレッツ回線が遅いのか 切り分ける際に フレッツ網用の速度計測テストを行なう必要がある。
サイトは
http://www.flets-west.jp/speed/index.html
だが,ipv6 でかつ NGN網内 で接続しなければならない。(つまりプロバイダーと接続している PPPoE とは別)
RTX の設定コマンドは以下のとおり,(LAN1 が ローカル, LAN3 が WAN の場合)
ちなみに,ひかり電話 を契約していない場合の設定。

PC側は,ipv6 を有効にしておく。アドレスは自動取得でいいみたい。
詳しくは 以下のサイトに書いたあった。わかりやすくて助かる。
http://blog.livedoor.jp/ipv6_ngn/archives/1005820342.html

解決しましたら、いいね か ツイート をお願いします

[RTX]外部からのWOLを利用できるようにする

出先から自宅PCを起動させるためのRTXルーター設定

環境:LAN1 に自宅PCがある (192.168.1.x)

RTX

1 必須 (こうしないとWOLのパケットを取り扱ってくれない)
2 外部からのWOLパケットをLANに送るためのNAT設定 最後を255にするのがポイント (UDP 9番ポートdiscard を使用)
3 上記のNAT経由パケットを許可するためのフィルタ
4 ONで構わない

グローバルIPが可変である場合はネットボランチDNSを利用したらよい
(ダイナミックDNSサービスでもいい。つまり外部からDNS名で接続できるようにするということ)

WOLを送出する側

使用するソフト:WOLController- サーバー版でない方   を例として説明

編集-グループの追加-WAN
グループ名:適当
ホスト:自宅のWAN側のIPであるDNS名。 xxxxxx.aa0.netvolante.jp
ポート:9
リストに
コンピューター名:適当 自宅PC1
MACアドレス: 自宅PCのMACアドレス
起動する方法は、「送」にチェックを入れて、上矢印ボタンを押す。
とってもシンプルでスマートなWOLソフトです。グローバルIPが可変でも利用できるのでGOOD!

解決しましたら、いいね か ツイート をお願いします

[RTX]L2TP/IPSEC ルーターをクライアント側として動作させられない

Yamaha RTX1100 にて検証–結論は無理

理由:RTXの仕様による

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/l2tp_ipsec/#outline

ヤマハルーターでサポートするL2TP/IPsecには以下の制限があります。
リモートアクセスVPNのサーバーとして動作します。クライアントとしては動作しません。

つまり、 RTX → L2TP サーバーへの接続はできない ということ。
ただし、逆方向 Windows系クライアントなど → RTX へ L2TP接続は可能。

 

 

解決しましたら、いいね か ツイート をお願いします

[RTX]TFTPによるコンフィグバックアップと復元

バックアップ

RTX に tftp を追加

tftp host [PCのIPアドレス or any]

Windows PCにて

tftp [ルーターのIPアドレス] get config/[ルーターのAdminパスワード] [保存先ファイル名]

これで保存されます。

復元方法

必要ならまずは工場出荷状態にしてローカルIPとtftpを設定

cold start
ip lan1 address 192.168.10.251/24  アドレスは任意に設定してください
tftp host [PCのIPアドレス or any]
save
restart

ルーターに設定ファイルを流し込み

Windows PCより以下のコマンドで設定ファイルを送信します

tftp [ルーターのIPアドレス] put [設定ファイル名] config/[ルーターのAdminパスワード]

※設定ファイルのsaveがコメントアウトされています。TELNET等でルーターに接続してsaveコマンドを発行してください
設定ファイルですが中身はテキストです。必要に応じで編集しルーターに流し込むということも可能です。

YAMAHAで紹介されている転送ツールを利用する方法

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/utility/rt-tftp.html
こちらのほうが使い勝手がいいですね。

解決しましたら、いいね か ツイート をお願いします