DNSサーバーが落っこちた原因を調べてみると意外なことが分った。なんと、Windowsの自動更新の設定が原因で再起動がうまく出来ていなかったということである。対象となったサーバーはWindows2000Serverで、下図の表示のバージョン(V6)の自動更新プログラムがインストールされており、設定が「自動的にダウンロードし、次の時間にインストールする」とされているサーバーだ。
この設定だと要注意!この設定だと自動的に再起動する場合、シャットダウンの途中でOSがとまっていたようである。まったく困ったものだ。
ちなみに、Windows2003Serverでは問題なく再起動されていた。
また下図の旧バージョン(V4)の自動更新プログラムでも問題なく再起動されていた。

解決しましたら、いいね か ツイート をお願いします

コメントする