携帯では繋がらない場所でアマチュア無線を使って救助要請が行えるのでよいと思える。特定小電力のトランシーバーでも、近くまできている救助隊と連絡を取るといったこともできそうなので免許がない方でも持参されるのが良いように思います。
特定小電力トランシーバー一覧
あと、震災など大規模な災害のときに備えての”アマチュア無線家ネットワーク”があるがこれはあまり意味が無いように思える。行政の通信の肩代わりをするとはとても思えない。災害時に必要な 正確な情報収集と的確な判断、物資 と 人力 を提供できるグループがあり、その中で救助活動の連絡用としてアマチュア無線を活用するという位置づけが妥当なところかと。

解決しましたら、いいね か ツイート をお願いします

コメントする