概要

Hyper-V 運用にて、ある仮想OSが起動できなくなり、かつ削除もできない状態になっている

対応

エラーメッセージに32788 がある場合

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Virtual Machines
にある、XMLショートカットから 該当する仮想OSの設定情報があるXMLファイルショートカットファイルを削除する
どれが該当するかは、イベントログにある仮想マシンIDを見るとわかる

例えば イベントログには以下の記述がある

‘xxxxxxxxxx’ は、操作に失敗しました。仮想マシンはこの操作を実行できる状態にありません。(仮想マシン ID 501C08F2-808D-4A9C-B342-77784A45416A)

ショートカットファイル削除すると、Hyper-vマネージャーでの仮想マシン一覧から消えている。 (消えてない場合はOS再起動)

仮想マシンのインポートを行なうと復旧する
インポートの種類は、「インプレースで登録する」で良い

Hyper-Vがバックアップ中である場合

バックアップが完了するまで待つか,バックアップを停止させる
結合処理が行われて,起動できるようになる

プロパティ

Windows Server 2012 R2

解決しましたら、いいね か ツイート をお願いします

[Hyper-V]オブジェクトが現在の状態である間はこの操作を実行できません

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です